読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出会いノカケラ

V6、Kis-My-Ft2、Snow Man、Travis Japanを応援するジャニヲタの日常( ´ ▽ ` )ノ

ヲタ道~LOOKIN' FOR MY DREAM編

ヲタ道。それが私の生きる道。
ついに自担と出会う日の話。


音楽大好き、バンド大好きな短大時代のバイト先はCDショップ。
バンドブーム自体は去っていたが、今まで知らなかったジャンルの音楽にも触れることになり、益々音楽好きに拍車がかかっていた。
そんな中、ジャニーズから新しいグループがデビューした。V6だ。
とにかく興味がなく、前記事で少し触れたが、一時バレーボール選手ヲタを経ていることもあり、選手ヲタ卒後もバレーボールは好きだったので、神聖なコートで何歌ってくれちゃってんの!!という最悪な第一印象。
バイト先では、デビューシングルMUSIC FOR THE PEOPLEとその後に出たMADE IN JAPANのジャケットの違いがわからず、同僚と「何でこんなのが売れるのかね~」「ジャケット同じじゃんね~」などと話していた。
まさか、散々文句を垂れたCDを買う日が来るなんて、夢にも思っていなかった頃。


短大を卒業して入社した会社の研修で、ある転機が訪れる。
新入社員研修の一環で、外部のビジネスマナー研修に参加した時のこと。
様々な会社から新入社員が集まり、2人1組のロープレ形式で電話応対や名刺交換などのビジネスマナーを教わるのだが、私のペアになった人が中居くんに似ていたのだ。
つまり、カッコ良かった。もっと言えば、一目惚れに近いものがあった。
社会人になってしまった憂鬱を、ほんの一時拭い払ってくれたような感覚。
それ以来、心の拠り所を中居くんに見出していくようになり、これがジャニーズに戻るきっかけとなった。
もう会えない一般人を思って芸能人に頼るとは、何ともイタい。


年が明け、新年初出勤の日は昼前から社員全員で初詣。
その日はその場で解散になり、さっさと帰宅したのだろう、夕方には自宅のこたつで横になりボーっとテレビを見ていた。
面白い番組をやっている時間帯ではなく、その日から始まるドラマの番宣番組を「ジャニーズのコが出るんだな~」程度の興味で眺めていた…はずだった。
しかし、番宣番組が終わると、ドラマを録画予約するためにこたつから這い出ることになる。
見つけてしまった!!出会ってしまった!!何この感情!!ヤバイ、ヤバイ、ヤバーイ!!お母さぁぁぁぁぁん!!


1997年1月6日より現在に至るまで、三宅健くんが自担様。
この運命の出会いをもっとドラマチックに表現したかったのに、自分の文才の無さに泣けてくる。